« 腕立て伏せ用時計 | トップページ | 腕立て伏せ用時計 »

ATOK2008導入

 やっぱり、日本語変換は、ATOKでしょう。

 長文変換の一例をやってみました。

(文例の一部)
きのうときょうと、きょうだいそつのきょうだいはきょうびじんときょうやさいをたべていた。

(ATOK8)
昨日と今日と、京大卒の兄弟は京美人と京野菜を食べていた。

(MSIME2002)
昨日と今日と、今日大卒の兄弟は今日美人と今日野菜を食べていた。


 とりあえず、すごいと思いますよね。
 少しおかしいなぁと思うと勝手にIMEの設定が、MSIMEになってたりすることがあります。


 ジャストシステムが新しいサービスを始めています。
 ATOK定額制

 一時期は、毎年ATOKを購入していた時期がありました。
 しかも一太郎とのアップグレード版です。
 それを考えると毎月300円×12ならお安い。
 いつでも最新版が得られるし。
 一番うれしいのは、10台のPCまでは、同一ユーザであれば同時使用しない前提で
インストール可能という条件だということです。

 ATOK使い始めたらやめられませんね。





ATOK for Windows スターターパック 1Year版





|

« 腕立て伏せ用時計 | トップページ | 腕立て伏せ用時計 »

LifeHacks」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43949/43082887

この記事へのトラックバック一覧です: ATOK2008導入:

« 腕立て伏せ用時計 | トップページ | 腕立て伏せ用時計 »