« 習慣 | トップページ | 多忙 »

InBox Zero

 この半年は恐ろしい忙しさ。
 諸悪の根源は。。。それは置いておいて。
 (いつかまた別の機会に。)

 私はメールソフトに秀丸メールを使用しています。
 このメール受信時に格納される受信箱に4000通あまりのメールが
格納されていました。
 受信しているのはわかっていてチラっと見ては何かしないといけないかも
しれないということで未読状態のまま半年間置いたままになっていたと
いうことです。

Jyusinnbakoippai


 ここで、InBoxZeroです。
 いつも受信箱を空っぽにしてすっきりする状態を目指すメソッドです。

 参考になるサイトは、以下の通り。
 メールのための GTD、「Inbox Zero」の実践
 アクション指向のEメール管理術:Inbox Zero


 私の実行内容は以下の通り。
 これで継続して行ければと思います。

 1.すぐにできるもの → すぐにする。
   返信をする、何かファイルを更新する、会議の予定をカレンダーに登録するとか
  すぐにできる内容のメールであれば、その場でやってしまいます。
   メールは、CTRL+Sキーを押して今年度保存フォルダへ移動します。
 
 2.時間のかかるけど期限の近いもの → 実行することをメモる。
   グーグルカレンダに予定を書き入れる、TODOリストに追加などを行います。
   メールは、CTRL+Jキーを押して実行フォルダへ移動します。

 3.人に頼むもの → 依頼し依頼したことをメモる。
   転送して処理を依頼する。
   自分宛にはCC:で来ているがあとでTO:のひとをフォローしたいときなども同様に。
   メールは、CTRL+Iキーを押して依頼フォルダへ移動します。

 4.そのうち何かしないと行けないもの → そのうちにするということをメモる。
   これは、カレンダーやらTODOリストのそのうちやることリストに加えます。
   メールは、CTRL+Sキーを押して今年度保存フォルダへ移動します。

 5.読むだけのもの、読まなくてもいいもの → 保存のみ実行
   軽く流し読み程度で。
   メールは、CTRL+Sキーを押して今年度保存フォルダへ移動します。


   秀丸メールで作ったマクロにショートカットキーを割り当てています。
     ・今年度のフォルダへメールへ移動させるマクロ
     ・メールに「実行」のラベルを割り当てて実行フォルダへ移動するマクロ
     ・メールに「依頼」のラベルを割り当てて実行フォルダへ移動するマクロ
   受信箱のメールをひとつずつ確認し、1~5の処理を行い、キーを押す操作の
 繰り返しで受信箱をゼロにしてしまいます。
   これですっきり。
   たしかにゲームみたいで楽しい。


  もうひとつ受信のタイミングです。
  会社で受けるメールは、携帯電話宛のメールのようにリアルタイムに受ける必要は
 ないと思います。
  今までは、15分周期で自動受信の設定にしていましたが、気がつけばどんどん
 受信箱にたまっていくメールたち。
  これでは、すっきりしません。
  そこで、自動受信をやめ、1日朝昼夕方ぐらいのタイミングで手動受信に切り換えて
 みました。
  これでゲームの開始終了がはっきりしてますますすっきり。

 当分これを継続して行ければと思います。

 実行フォルダに3000通もたまったら最悪ですけどね。(^^;





ライフハックプレス(vol.2)




|

« 習慣 | トップページ | 多忙 »

LifeHacks」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43949/42862412

この記事へのトラックバック一覧です: InBox Zero:

« 習慣 | トップページ | 多忙 »