« 2006年最終更新 | トップページ | セレッソについて新春の祈り »

巨人について新春の祈り

 新年あけましておめでとうございます。

 去年はセレッソばっかし書いてきたけど、新年の書き始めは、ジャイアンツ。

 元旦の新聞をみて驚きました。
 原監督の「タフな巨人に」原監督が新春の誓い
 読売新聞のニュースサイトにも載っているので引用します。

「我々は(システムが変わろうが)前を向いてがむしゃらに戦うしかない。Aクラス争いするには投手中心の野球をする。だからと言って打率2割5分1厘では勝てない。越えるべきハードルは多い。今年は何が何でも優勝をつかみ、それから落ち着いてチームを作りたい」


 読売新聞には、「何が何でも優勝して自分の作りたいチームを作る」という
言葉もあります。


 巨人ファンは、原さんの作りたいチームをみたいのだと思います。
 優勝しなくてもいいと思うのですが、優勝しないとクビなんですかね?
 読めば読むほどそう思ってしまいます。


 いろいろ外から選手を補強しましたが、生え抜きの若い選手が去年以上に
活躍してくれることを祈ります。
 それがジャイアンファンが野球を観なくなることへの歯止めになると
思います。

 

|

« 2006年最終更新 | トップページ | セレッソについて新春の祈り »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43949/13295407

この記事へのトラックバック一覧です: 巨人について新春の祈り:

« 2006年最終更新 | トップページ | セレッソについて新春の祈り »