« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

久々に・・・・・

 久々に早起きして散歩をした。

 膝が痛い。 情けない。
 でも、りゅうは喜んでいたのでよしとしよう。

 久々に朝おなかの回りを計った。

 78.5cm。 相変わらずやばい。
 足の親指ダイエットを再開することにしよう。

 これ、検索すると結構出てくるのだが、無料でできます。
 足の親指同志を輪ゴムとか髪をまとめるゴムで繋いで5分ほど
寝ころんでいればいいです。


 5cmまでは、引っ込みます。
 それ以上は難しいかも。

 ということで、久々の書き込みもテンション落ち気味。(^^;


 セレッソの陣容もようやく固まってきたので、またセレッソのことも
書きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チュートリアル

 M1おもろかったよねぇ。
 セレッソの陣容がまだ決まらないので、休憩。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アキは清水へ

名古屋への出張に向う新幹線のなか。
オフィシャルのアキの移籍報告確認しました。

背番号8の大きな背中ってモリシ泣かせてどうする。


残念です。


西澤明訓選手 清水エスパルスへ完全移籍のお知らせ

私、西澤明訓はセレッソ大阪を退団し、清水エスパルスに移籍することになりました。高校を卒業して12年、サッカーは勿論のこと、人間としても多くの成長をさせていただいたこの大阪という街、セレッソというクラブに心から感謝しています。今回の移籍に関しましては正直悩み、たくさんの方々に相談もしました。そして、地元である清水でプレーすることに決めました。セレッソでは本当に素晴らしいチームメイト、クラブ、サポーターのおかげで、たくさんの貴重な経験をさせていただきました。自分としては、8番の大きな背中を追いかけて、好き勝手にやってきただけですが・・・。これからは、これまでの経験をいかして、セレッソに負けないように全力でやっていきたいと思っています。本当にありがとうございました。 AKI 20


Aki


| | コメント (0) | トラックバック (0)

さようならヨシト

 ヨシトは、神戸へ。

 スペインへ行ったときは、WoWoW入ってプレーを見たさ。

 神戸に行ってしまったらどうだろぉ。。。


 活躍して日本代表に戻ったらそれはそれで応援します。

 セレッソがJ2なのでまだ客観的に応援できるかもしれない。
 とりあえず、さようなら。

Yoshito200610222_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつもと違う年末年始

 元旦以外出勤という強行軍でもあったせいもあり、いつもと違う
年末年始でした。


 一番違う結果を生んだのは、大晦日の夜見る番組として、

  ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!

 を選択したこと。

 笑えば罰としてお尻をひっぱたかれるというだけの通常番組の
罰ゲーム編ですが、延々3時間半見ている間に年が明けてしまいました。
 へっ? 除夜の鐘は??
 物心着いてから初めて鐘の音を聞かずに迎えた正月でした。。。(^^;


 視聴率はこちらのニュースで。。。
 紅白歌合戦1部の視聴率過去最低、一見“裸”に抗議も

昨年大みそか放送のNHK「第57回紅白歌合戦」の視聴率が、関東地区で第1部30・6%、第2部39・8%となり、第1部で1990年と並び過去最低、第2部でも2004年に次ぐワースト2位だったことが2日、ビデオリサーチの調べで分かった。
 一方、民放各局が同時間帯に放送した主な番組(関東地区)では、TBS「K―1プレミアム2006」(第2部)が19・9%、フジテレビ「細木数子のニッポンの大みそか」が10・3%、日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」が10・2%だった。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ちょっと時期尚早!

 ザルツブルグでがんばるはずが・・・

Sponichi20060101


 今は修正されてます。(^^;

 G大阪、宮本の花道飾れず


 三都主共々がんばってくださいねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セレッソについて新春の祈り

 正直今日の時点では、全然祈れない。

 選手の去就がはっきりしないから。


 嘉人、アキ、トーミ、名波。

 名波は緑色のチームに行くらしい噂が出ています。
 これらの人が出て行ったり、すでにやめたり国へ帰ったりした
ひとを含めると今年のメンバーがさっぱりわからない状態。


 今は、3月から猪突猛進で行ってもらうしかないですね。

 にしても緑のチームは、えらく補強に熱心ですねぇ。
 どこぞのプロ野球チームのようにならんように。。。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨人について新春の祈り

 新年あけましておめでとうございます。

 去年はセレッソばっかし書いてきたけど、新年の書き始めは、ジャイアンツ。

 元旦の新聞をみて驚きました。
 原監督の「タフな巨人に」原監督が新春の誓い
 読売新聞のニュースサイトにも載っているので引用します。

「我々は(システムが変わろうが)前を向いてがむしゃらに戦うしかない。Aクラス争いするには投手中心の野球をする。だからと言って打率2割5分1厘では勝てない。越えるべきハードルは多い。今年は何が何でも優勝をつかみ、それから落ち着いてチームを作りたい」


 読売新聞には、「何が何でも優勝して自分の作りたいチームを作る」という
言葉もあります。


 巨人ファンは、原さんの作りたいチームをみたいのだと思います。
 優勝しなくてもいいと思うのですが、優勝しないとクビなんですかね?
 読めば読むほどそう思ってしまいます。


 いろいろ外から選手を補強しましたが、生え抜きの若い選手が去年以上に
活躍してくれることを祈ります。
 それがジャイアンファンが野球を観なくなることへの歯止めになると
思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »